ひらめきと創造を大切に。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< グリーティングカード | main | 2015年もよろしくお願いいたします。 >>
英数字は全角か半角か…すっきりしてみた。
Webサイトにおいて英数字は全角英数字か半角英数字かということがずーと前から気になっていたので、ここでちょっと調べてみた。

そういえば、少し前に某新聞社のWeb版でノーベル平和賞を受賞した女性のスピーチが掲載されたのだけれど、なんと英文なのに全角英字 !?で掲載され、「読みにくい」という苦情が相次いだ…というウソのようなニュースもありましたっけ…

印刷業界を少しでもかじったことがある人であれば、「英数字」は当然のごとく「半角」ですが、Webサイトにおいては、全角を使うところもあるし、ECサイトで住所を入力させるところも、なぜかあえて全角があったりしてどうなのよ…と思うところがありました。 デザイナー目線から言えば、どんな理由であろうと、読み手が読みやすいであろう半角英数字のほうが見た目が美しいので、半角を使って欲しいというのが本音。

調べてみて一番納得したのが、
全角では検索エンジンなどのシステムに認識されにくく検索結果が変わってしまう
URLなどが全角で表記されると、コピーアンドペーストできず、再利用ができない

というもの。他にもいろいろ理由があるようですが、結果Webサイトにおいても半角英数字を利用したほうがベターであるということで、自分自身も納得でき、もやもやがすっきりしました。
いや、でもですね。閲覧中のWebページにある全角文字を半角文字へ自動で置換してくれる「Google Chrome」の機能拡張があるのですよ。もしかしたらこれから先、全角、半角なんて気にすることない時代がやってくるのかもしれません。

ついでに某新聞社Web版のスピーチ原稿が全角文字だった件を調べてみたら、新聞では基本的に縦書き全角文字なので、新聞用の記事がそのままコピー転用されたか、システム処理の何らかのミスだった可能性があるようです。それにしても、記事を投稿した人、それを承認した社内の人、全角英字は読みにくいと思わなかったのかな?
COMMENT









Trackback URL
http://blog.andcdesign.com/trackback/1058743
TRACKBACK