ひらめきと創造を大切に。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ご挨拶状作りました! | main | プリンター購入、スキャン機能が想像以上の使いやすさでびっくり。 >>
2020東京オリンピックとデザイン
2020年のオリンピックが東京に決まりました。

決まったからには、覚悟を決めていろいろなことに取り組んでいかなくてはいけないのだな…と自分に言い聞かせてみるものの、やっぱり心のどこかでは、本当に今の日本に必要なの?という気持ちもあったりして、まだちょっと複雑な心境です。

さて、オリンピック。この世紀の祭典が決まったとあれば、デザインの発注も増えていくだろうし、デザイン業界の先行きは明るい…なんて私はそれほど楽観的には考えていない。 私が生まれてから、日本で行なわれたオリンピックで記憶にあるのは、長野冬季オリンピック。あの時はすでにデザインの仕事をしていたけれど、場所が長野だったせいか、あまり恩恵を感じなかったというか、身近に感じることはありませんでした。え?本当に日本でやっているの?という感じ。

今回は自分が住んでいる街、東京ですからもっと身近に感じることができるとは思う。でも国家的事業に、大きな代理店が主体となって、デザインやすべてのことが決まって行く中で、一個人のデザイナーがどうやって関われるのだろう?そんなことを考えてしまいます。 前回の東京オリンピックは、多分デザイナー自体も少なかった時代だったかもしれないけれど、たぶんデザイナーと名乗る人は、皆なにかしら関わっていたのでは…と何の根拠もありませんけど仕事は身近にあったような気がします。

じゃ今回は?たぶんデザイナーと名乗る人は数知れず、またパソコンがあれば何でも出来る時代。 ちゃんとオリンピックというイベントを軸にして、デザイナーと名乗る人たちが、コンセンサスを持ち、一丸となって盛り上げていくとこができるのだろうか… まあ、そんなこと考えてもしょうがないか…的な気持ちもあるけれど、2020年まであと7年。街の様子やシステムや様々なことが変わっていくことは確かなので、デザインに関わる者として、この大イベントのデザインについて、いろいろと考察、そして実況していけたらいいなーと思います。

自分もデザイナーとして関わっていけるのか…いや、かかわっていくようにしなければいけないのかもしれないのだけど、その糸口さえもまったく見えない。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.andcdesign.com/trackback/1058734
TRACKBACK