ひらめきと創造を大切に。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 名刺デザイン | main | グリーティングカード >>
あるアイデアが出るまでの過程
先日、ウエブデザインをご依頼いただいた方と2回目の打ち合わせ。コンセプトミーティングを行いました。ウエブのタイトル(屋号?)に悩まれている方で、何をどう考えて、決めたらいいのかわからないというので直接お会いし、いろいろな角度から話を聞き出す作戦です。

始めてまもなく、会話の中からある「キーワード」がご依頼者さまから出てきました。 ご本人はあまり気にされていなかったようですが、その言葉を私が書き留めたとたん… すごい沢山のアイデアが湧き出てきました。そこに至るまでには、1回目に打ち合わせで聞いていた好きなこととか、好きな言葉とかあまり関係のなさそうなことを聞いていたのですが、それが見事にリンクしはじめました。

するするとご本人様からもいろいろな案が出てくるのですね!これには、私もびっくりしましたが、もともと芸術肌の方なので、たぶん脳みその切り替えさえできれば、あとは自動ですらすらといろんなアイデアが沸いてきます。

今回のことは、本当に私も不思議で、びっくりしたのですが、何も考えつかない状態だった人が、いきなり歯車が回りはじめるというか、咳を切らしたように「ああ…そうだった!」「そうえば、○○だった。」などといろいろな話が飛び出してくる。

こういう時ほど、最終的に良い作品に仕上がる…と思って信じています。

デザインするというのは、その依頼者さまのコンセプトだったり、想いを形にしていきます。私だけの作業ではなく、共同作業でもあるのです。話を聞いたり、雰囲気から察したりするのですが、それだけでは私の勝手な解釈にも成りかねないので、ご依頼者さまの「核心部分」を聞き出す…というのが私の仕事の大部分を占める作業です。これがまた難しく、人によっては、言葉で表現できる人もいれば、難しい言語で伝えてくる方もいてとても面白いです。今回のご依頼者さまのようにどう考えればよいかわからないという人もいたりして。

ウエブのタイトルは、ほぼ決定しそうな案がすぐに気まりましたが、一晩寝かせると違う案も出るかも…と期待して、その他の2〜3案で少しもみもみと発酵してもらうことにしました。
私は直感を信じるほうなので、たぶん、決定しそうな案で決まり!だと思うのですがどうでしょうね…一応、「直感で選んだものほど、実は一番だったりする。」みたいなことを伝えましたが、うまく伝わったかなー。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.andcdesign.com/trackback/1058728
TRACKBACK