ひらめきと創造を大切に。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2020年東京オリンピック招致ロゴ、今回は公募! | main | 2種類の名刺 - その1 >>
「ひつじのレッスン」ロゴ作成
ひつじのレッスンロゴAひつじのレッスンロゴB

ひつじのレッスン様のロゴデザイン、名刺デザイン、Webサイト企画からデザイン、制作までのデザインワークをお手伝いさせていただきました。

今回ご紹介するのは、ロゴデザイン。

今回ご依頼があった「ひつじのレッスン」は、フェルデンクライスメソッドのレッスンを東京都内で行なっています。
今年の春にプラティクショナーの資格を取得し、2人ユニットで活動するにあたり、名刺の作成、Webデザインのご依頼がありました。

今回のように、各制作物を一貫してデザインを行なう場合は、新しく始める事業であったり、事や物について、かなりの時間を割いてヒアリングを行います。

この作業は、新しくことを始めるにあたり嬉しい作業でもありますが、「自分たちは何をしたいのか、何を提供したいのか」を見つめて頂くことになります。そして、言葉にならない想いや気持ちを言葉に…形にしていかければいけません。
これは、結構大変な作業です。自分のことが一番わからないのと一緒で、いざ人から聞かれると、説明することが本当に大変です。

そうして、自分たちと向き合いながら、約3ヶ月くらいかけて作成してできたロゴが上の2つです。今回はとてもめずらしく、お2人で別々のロゴを使うことになりました。デザインの根底は同じですので、見た目がちょっと違うだけ。受け取った人は同じイメージに見えるはずです。

体と心と向き合っているお2人だからこそ、違うロゴを選ぶという選択。お互いに心地よい場所をさぐりながら、自分に合うロゴを選ばれました。時には個人でも活動することもあるということなので、とても面白い試みだな…と思いました。また、これからの時代、たぶんひとつの組織にとらわれることなく、いろんなところで繋がり、時には個人としても活動する。こういうスタイルって多くなっていくように思います。

次回は別々のロゴを使用した、「ひつじのレッスン」の名刺をご紹介します。

chi-hanko
COMMENT









Trackback URL
http://blog.andcdesign.com/trackback/1058692
TRACKBACK