ひらめきと創造を大切に。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
La Vieille France の紙袋とショップカード
La Vieille France

世田谷にあるフランス洋菓子店「La Vieille France」の紙袋とショップカード。

先日焼き菓子をいただいて、「マジ」で美味しかったのと 紙袋がお洒落だったので…、メモ代わりに。 久しぶりに「紙」好きの血が騒いでみたりして(笑)
それより、焼き菓子の写真はないのかって? …そんなの愚問です。写真取る前に食べちゃいましたーヾ(*´∀`*)ノ♪

それにしてもみなさん、美味しい所知っているんだなー(感心)。
LVの折り紙招待状

Louis Vuitton Origami ― Printing Process from Happycentro on Vimeo.

LVInvitationOrigami

偶然見つけたこの動画から釘付けw(*゚o゚*)w
LVの大阪ストアのリニューアル招待状を制作しているところを紹介しています。特殊印刷のこと良く知らない私でも、コレはすごい!見てみたい!触ってみたい!ぜひ欲しいっ!!!

イタリアのHappycentroというスタジオが作成した折り紙招待状。
Louis Vuitton ― Invitation Origamiというエントリで詳しく紹介してます。
こんな楽しい仕事、私もやりたい…。

ちなみにウェブページに書かれてあったスペック

Trim size: cm 19,5 x 19,5
Open size: cm 27,5 x 27,5
Printed on Fedrigoni Arcoprint Milk gr 85

1. Offset Print (Cool Grey 1U)
2. Transparent Foil
3. Silver Mat Foil
4. Pearl Foil
5. Rainbow Foil
6. Relief
7. Silkscreen Print
8. Die Cut
Le Pain Quotidienのパン袋
le pain quotidienパン袋

Le Pain Quotidien
http://www.lepainquotidien.jp/

東京に上陸したと聞きつけて、すぐに言ってきました。オープンは今年のはじめらしいですけど。NYで食事をしたときは、もう感動でした。お皿にあふれんばかりの野菜たっぷり、チーズとかめちゃくちゃおいしくて、こんな店がなんで東京にできないんだろう?って不思議なくらいでした。
夜の遅めの時間だったのか、お店は比較的ガラガラ。並ぶとかいろんなブログで見てたので覚悟してたけど、店員さんに聞いたら「平日はこんな感じですよー」とのこと。

スープとオープンサンドを頼んだのですが、スープは薄味で、私には煮詰まってしまって薄めた感じがしたけど、あんなものなのかな?オープンサンドは美味しかったけど、なんだかNYで食べたときのような感動はなく…テンション下がりました。
帰りにテイクアウト用のパンを購入。残りが少なくて、クロワッサンとよくわかんないパンを2個買って、800円!高っ!クロワッサンは私ごのみではなく、残念ながら次回購入はなしです。

あ、でも窓から東京タワーが見えたりして、なかなか雰囲気はよかったですよー。

それから…レジの横にあったショップカード貰ってきたんですが、名前わすれちゃった品のある高い紙を使用してて、一瞬おお?って思ったんですが、センターからずれてて、私はなんだか興ざめしちゃいました。たいしたことじゃないんだけど、なんかこういうところから、お店の姿勢みたいなものが見えてくるような気がして…

ということで、今度は人がたくさんいるにぎやかな時に行ってみようかな?あ、でもチェーン展開するらしいので、近所にできたら…たぶんいきます。たぶん。

chi-hanko
MoltonBrownの紙袋
MoltonBrown紙袋


関東甲信越は今日梅雨明けです。これから毎日暑い夏がやってきます〜。

ここ数年、夏は暑さ対策でシャワーを浴びるようにしているのですが、シャワータイムが楽しくなるようにと、良い香りのするロクシタンのシャワージェルを購入していましたが、今年は他のメーカーにチャンジ!ということで、選んだのが、Molton Brown

購入した時の手提げ袋がお洒落だったので、紙好きにはたまらず…
ワインを入れる袋のように縦長で、袋の口部分に太いリボンがあって、そのリボンで口の部分を閉めます。すごい高級感。確かに値段も高いですから。

MoltonBrownロゴ

Molton Brownのロゴは、Academy Engravedという書体に近いです。海外ではこういう書体を使うの見かけますが、日本ではあまり見ない気が…。

MoltonBrownシャワージェルもちろん、香りもサイコーです。ちなみにユーカリの香りのするシャワージェルを購入しました。あとから知ったのですが、体があたたまる効果?があるらしいです。でも癒される香りにバスタイムが楽しくて仕方ありません。
シャワーを浴びたあとも、一人で腕をクンクンして幸せに浸ってます。


chi-hanko
そろそろクリスマスですよ!
タリーズ

職業病なのですが、街やお店で配られるカタログとかパンフレットをかわいい!と思うだけで手が伸びて…貰ってしまいます。
タリーズコーヒーで出来上がるのを待つ間、カウンターの横にあったこのちらしもそのひとつ。

毎年、スタバとかタリーズに入って、そろそろクリスマスだなーと感じます。
街のイルミネーションもだんだんとキラキラしてきましたしね。

chi-hanko
JUGEMテーマ:アート・デザイン


POINT ET LIGNE のショップカード
point-et-ligne1 point-et-ligne2

昨日知人が特選に選ばれたという書道展を見に、池袋まで出かけたのですが、途中電車が事故で止まってしまい、次の予定があった渋谷に移動。予定まで時間つぶしにデパ地下を散策していたら、1週間限定で出店しているパン屋さん「POINT ET LIGNE」を発見。

パンは、大好きなので本当は味のこととか書きたいのですが、一応デザインのことを優先しようかな…(笑)

ショップカードにサイズの決まりはないので、だいたい名刺と同じサイズが多いですが、こちらのショップカードは、「ミニ名刺」と呼ばれているサイズ。もらったものは、9×4.5センチくらい。フリスクと比べてみると大きさがわかると思います。

point-et-ligne3

ミニ名刺、私はまだ貰ったことがないのですが、2〜3年前からブログを始めた人などが持つ名刺として、流行はじめたものです。
写真ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のFlickrにアップされた写真などを簡単に印刷できて、裏面に一枚一枚違う写真が印刷できることで有名になりました。それも格安で。

いつか作ってみようかなーと思いながら、ずーと忘れていたのですが、まさかこのパン屋さんでこれを手にするとは…。

でもこのミニ名刺を実際にもらったら小さくて隠れてしまいそうで、ちょっと嫌だなーと思っていたのですが、ショップカードなら「あり」かもしれないなと思いました。

ちなみに、ミニ名刺を作ってくれるところの先駆け
MOO
http://uk.moo.com/en/

MOO

MOOは、海外に発注するのですが、日本でも似たサービスが結構ありました。興味のある人は「ミニ名刺」で検索してみてください。

chi-hanko


儚い感じがする桜の花びら石鹸
さくら紙石鹸

さくらの時期も今週末で終わりという感じですね。さくらが風で散っている所を見ると、儚くて胸に「ぐっ」ときます。今年は、さくらの咲いている時期が長かったように思うのですが…比較的寒い日が多かったからかな?

さて、こちらは桜の花びらの形をした「紙石鹸」です。
なつかしー!!!
小さいころ、紙石鹸といえば、赤、緑、黄色だったかな?3センチくらいの長方形の形をしたものしか覚えていませんが、なんだかとってっも貴重に思えて使えずに、大切にしまっておいたのを覚えています。
でも、実際は泡立ちはそれほどでもなくて、使ったあとの匂いが結構ダメだった記憶が…。

この桜の花びら石鹸は、通常の紙石鹸とは違い、水をつけて少し手で揉むだけで、スッと溶けていく点が桜の儚いイメージと見事に重なるのだそうです。合成保存剤や安定剤も使っていないということなので、安心して使えます。

この時期に洗面所なんかに置いたら素敵だなー。

これを作成した「Gel-Design」は高機能ジェル素材開発を中心業務とする北海道大学発ベンチャー企業で、なかなか面白いもの作ってます。研究開発とデザインが連動している企業としては、日本では数少ない企業かもしれません。

こちらで購入できます。
GEL-Design-SHOP
http://www.rakuten.co.jp/gel-design/
caina.jp
http://www.caina.jp/commodity_detail/29013904

chi-hanko
書籍をタブレットPCで読みますか?
キンドル

アマゾンが、キンドル(Kindle)の発売を日本でも始めましたね。正式には日本語には対応していないはずなので、しばらくは日本での話題もそれほどではない…と思うのですが、書籍の電子化。この先本当に書籍の電子化が進むのでしょうか?書籍をタブレットPCで読みたいか?…私は今のところ、NOです。

確か10年くらい前にはデジタル化が進んで、ペーパーレス時代に突入していく…と言われたけれど、それでも雑誌や書籍はなくなっていません。実は人間って本能的に、そう簡単には新しいものを受け入れられないのか、それとも目に見える『形』として書籍を手元に置いておきたいのかな。…と言ってみても私は本好きではないので、家には本棚は無いですが(汗)

それにしても、このキンドルのデザインは…どうもいまいちな気がしてなりません。テレビのニュースでアメリカのタブレットを扱う企業だけを集めたコンベンションの模様を紹介していたのですが、韓国の企業だったかな?「あ、それ欲しい」と見ただけで思いましたから、そういったデザイン性のあるもの…を今後に期待します!

そして今月末に、アップルからタブレットPCの発表が噂されていて、これにも電子書籍リーダー機能があるというウワサ。せめてキンドルのようにモノクロではなく…カラー画面がいいかな〜と個人的に思っていたりします。だって、雑誌程度のものは、2回も読み直せば、捨ててしまうものなので、雑誌こそ電子化の需要があるような気がするし、ファッション紙とかグラビアなんかはやはりカラーで見たいです。
新聞もiPhone、iTouchで読めるようになったけれど、電車内では便利だと思うのですが、画面が小さいので読みにくい…という問題があると思うので、せめてA5サイズくらいのタブレットになれば、携帯して見る時には便利そうな気もします。

こんなことを考えてみると、書籍の電子化は、書籍の種類や読む人の生活スタイルによって、電子化が良い場合もあり、紙という媒体のほうが良いという2つの方向性が出てくるので、やはり紙媒体の書籍は残しつつも…電子化が更に進むのかもしれません。その前に日本では、著作権とかの大きな問題がありそうですけどね。
そこがクリアになって、アップルのタブレットPCの発表が本当ならば、iPodが登場した時のような、流通も変えてしまう革命が起こる???かもしれませんね。

日本時間の1月27日(水)の深夜、アップルの発表が楽しみです。

chi-hanko
2010年カレンダー
そろそろ、来年のカレンダーが店先に並びはじめましたね。最近は印刷の技術や、カッティング(型抜き)の技術もすごくて「えー?そんなことまで出来ちゃうの〜?」とびっくりです。またカレンダー売り場に行けば、最近の印刷技術のお勉強にもなります。

さて、昨年のカレンダーがとても可愛かったので、今年も調べてみました。

2010-zoo

zooカレンダー ¥1,680
LIVING MOTIF Onlne Shop

2010年度の動物はゴリラ・シカ・サイ・キリン・ワニ・ラクダ。
そしてこんなシリーズも発見。

2010

Safari ¥2,100
LIVING MOTIF Onlne Shop

こちらの動物は、シロクマ・ゴリラ・カバ・ヒョウ・サイ・ラクダ。


個人的には「Safari 」が好きです。室内の観葉植物のとなりに置いてみたい。
全国のデザインショップとかおしゃれな雑貨屋さんとかで扱っていると思うので、見かけたときはじっくりと見てみてください。欲しくなっちゃいますけどね。

chi-hanko
カップケーキケース
swirl_gswirl_g

swirl_gswirl_g

↑デジカメ壊れたー冷や汗しかたなく携帯で。ううっ…使いにくい(大涙)悲しい

Cupcake Linersを見た方が「すごーくかわいいっ!」と言ってくださって、アメリカに住んでいる身内の方が夏休みで帰ってくるので、取り寄せてもらえることになりました。

そりゃもう嬉しくて、あれもこれも…使うかどうかもわからないのに、たくさんオーダーしたら、な、なんと欲しかったものがほとんど品切れ状態。アメリカでは人気があるのですね、びっくり。この際なんでも手に入ればそれだけでも嬉しかったので、とりあえずおまかせということでお願いしました。

そして、取り寄せていただいた方が、希望のものを取り寄せできなくかったので申し訳ないということで、プレゼントしていただきましたー!!!
Aさん、ありがとうございます!

いやぁ〜♪かわいずぎ。
見ているだけで、お腹いっぱいラブ

しばらくは観賞用として?!見飽きた頃にカップケーキを作ります。そうしたらまた写真アップしまーす。

chi-hanko