ひらめきと創造を大切に。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Macbookバッテリー交換完了!
Macブック2.4
私のお仕事道具、Macbook(MB467J/A)のバッテリーが熱で膨らんでしまって、バッテリーカバーが浮いている状態。しかもトラックパッドがすんごい力を入れないと使えないという、とんでもない代物になってしまったので、バッテリー交換しました。

バッテリーを取り替えるのが大変という知識だけはあったので、めんどくさいことは後回しの私が、やっと重い腰をあげて、さっそく調べてみたら、私のMacbookは、なんとバッテリーが簡単に外せるタイプだったので、工具とか必要なし!もうアップルには在庫がないとかで、ネットショップで検索して9000円くらいで即購入。…でさくっと、超簡単に取り替えできました♪

MB467_ura

写真の右側にあるカバーをあけるためのボタンで簡単にふたがあきます。ちなみに、HDDも簡単に取り替えられるんですね。知らなかった〜。

先週は、ワイヤレスヘッドセットを購入して、今週は、念願のintuos5も購入(正確には予約)したので、出費がぁ〜(涙)
でも早く来ないかと楽しみ〜。intuos5は、3月16日発売だそうです。↓コレです。

intuos5

そういえば、iPad3ってどうなった?3月発売?買うことはないだろうけれど、気になる〜 (≧∇≦)

chi-hanko
Stay hungry, stayfoolish.
今朝のニュースのトップ、アップルのスティーブジョブスの訃報。寂しさ、悲しさ、いろんな思いがかけめぐって頭から離れません。

Macと出会って20年。デザインの分野では、定規とペンを使っていた時代を経て、今ではMacがなくては私の仕事が成り立たない。そういう風に考えたことはなかったけれど、それくらい当たり前にMacがあった。だから「スティーブジョブス、ありがとう。」という気持ちでいっぱいになる。

以前に、ジョブズがスタンフォード大卒業式で行なったスピーチを見たことがあったのだけれど、その時見た感動と今回見るのとでは…ちょっと凄すぎて、涙がでてきます。もしかしたら、歳を重ねるとまた違った解釈が出来て、すごく面白いかもしれない。

改めて見てみたのだけれど、死に関する話をする部分があります。私は彼のように、毎日鏡に向かって「今日が最後だとしたら…」とまではできないけれど、「死んだ後に後悔している自分」を想像してみるようにしている。そうすると「今やるべきこと」が結構鮮明に見えてくることがある。そういう意味ですごく共感したのだけれど、今回見て、なるほどーと思ったことは、
「私は本当に(それを)やりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟る。

自分自身への問いかけ。ここだな…と悟りました。(笑)
とにかく、一度見てみて欲しい。きっと勇気をもらえると思う。

Stay hungry, stayfoolish.
(ハングリーであれ。愚か者であれ)




chi-hanko
盲点だった…AirMac Express
仕事しながら、音楽を(正確には「iTunes」を使って)良く聞いているのですが、パソコンの前だけではなくて、リビングやお風呂場など離れた場所で音楽を聴きたいなーと思うことが多かったので、ワイヤレススピーカーを探していましたが、これは少し時期尚早だったようでコスト的にNG。

あきらめモードだったところに、アップル社の「AirMac Express」を発見。簡単に言うとコンパクト無線LAN機器。

airmacexpress1

airmacexpress2要は、パソコンから離れたリビングにあるスピーカーの近くにこの「AirMac Express」をコンセントにさして、オーディオジャックにスピーカを繋げるだけで、パソコン内の「iTunes」の音楽が聞けます。
←こんなかんじです。

おまけに家の中が無線LANに大変身。リビングで iTouch とかノートブックが使えるようになったので一石二鳥。なんだか生活スタイルがかわるんじゃないか?と思うくらい。

「AirMac Express」は盲点だったなー。コスト的にも、設定も簡単で、これが流行らないのが不思議〜。以外に知らない人多いのかも。

ラジオがネットで聞けるようになった「radiko」は
聞けませんー(涙)でも、方法はあるみたいなので、また今度。

chi-hanko
アップルからタブレット端末iPadを発表
iPad1

アップルが発表しました。新カテゴリーとなる「iPad」。噂どおり、タブレットPCでしたね。昨晩は眠い目をこすりながら、ライブでジョブスさんの発表を見てしまいました〜。

iPad4

見た目は、iPhoneやiPod touchと同じですが、9.7V型タッチパネル液晶で、本体サイズは幅189.7×高さ242.8×奥行き13.4mm、重さは約680g。A5サイズくらいですかね。iPhone/iPod touchとMacBook(ノートブック)の中間の位置においた商品なので、これからどういった新しい生活スタイルが生まれるのかちょっと楽しみです。

iPad2iPad7

入力は、仮装キーパッドで入力します。専用ドックにキーボードがついたものを使えば、見た目はパソコンのような感じにもなります。

iPad3

そしてやはりAmazonのKindleに対抗?した、iBooksというアプリを標準装備してました。電子ブック市場がこれからどんどん熱くなりそうですね。日本では関係ないかもしれないけれど(笑)

あと、どうやら電話の機能があるみたいですね。この大きさを耳にあてて使用する姿を想像しちゃだめですよ。こんな感じ?ちょっと間抜け(笑)たぶんマイクの付いた、イヤフォンを使用するのだと思います。

iPad6

VoIP対応ということは、インターネット電話だから通話無料だよね。SOFT BANKからの発売もあるってことなのでしょうかね。いろいろ情報を集めているときに、キャリアは問わない…という記事を見たんだけど、そういうこと?アメリカでの話かもしれません。ま、このあたりの情報はまた調べてみたいと思いますが、それでもドコモから発売されたりしたら、ちょっと面白そう。

日本では3月下旬頃発売!という、これもまた噂なんですが、値段はこんな感じです。

iPad5

$499〜というのは、思っていたより安かったので、びっくりしました。3G搭載は夏頃発売らしいです。

chi-hanko
別れの3月
pb12インチ

12インチのPowerbookG4が、とうとう壊れました(涙)。もうかれこれ6年は使っていたのかな?ハードディスクの理論的故障(?)ではないかということだったので、初期化すれば治るかもしれなかったのですが、どうやらマザーボードの故障らしき兆候も見え始めてしまいました。

いままで一度だけ初期化をしなければならないトラブルがありましたが、それ以外は本当に問題もなく相性の良いMacでした。

OS9とOSXが使えるMacで手放したくなかったのですが、もうOS9を使う機会もなくなってきたので、寿命だと思ってすっぱりとあきらめて…新しいMacを購入しました♪

Macブック2.4

ジャ〜ン!!!2.4GHzのMacbookでーす。
初めてアップルストアで購入しましたー!
それも整備済製品という、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品で、新製品同様、1年間の特別保証書付きというものです。

明日届きまーす!
さて〜これから、どうなることやら…

chi-hanko
心強い味方Genius Bar(ジーニアスバー)
geanius bar

Macの利用歴はかなり長いほうですが…今までほとんどトラブルというトラブルに会ったことはありません。なので、時々トラブルが起きると、気持ちまでブルーになります。
そんな時、Macストアにある「Genius Bar/ジーニアスバー」が本当に重宝します。MacとiPodについての質問や技術サポートをマンツーマンで受けられます。

パソコンが動かなくなると、気ばかり焦ってオロオロするんですが、Macの製品であれば、会員の登録もいらず、とりあえず相談だけはタダで乗ってくれますので、とりあえず不安があったら「ジーニアスバー」へ行って相談してみるが良いかもしれません。

以前に一度お世話になったことがあって、その時も親切丁寧に対応をしてくれました。予約して行けば、だいたい時間通りに呼ばれますし、その場で対応できない(保証外になるので)対処法なども、参考として教えてもらえたりします。
もちろん修理が必要であれば、その場で見積もりがすぐに出るので、その場で決断できます。

ただ、久しぶりに行ったジーニアスバーは、予約していったにも関わらず、予約が結構入っていたらしく、20分ほど待たされました。
待ち時間に展示品のipod touch で遊んでいたのですが、名前を呼ばれる人は外国の人も結構いたりして、国際色豊かでびっくり。

…っていうか、考えてみたら当たり前なことなんだけど、私が海外に行った時にパソコントラブルにあったら、このサービスを受けられるのは嬉しいかも…と思ってみた反面、英語が話せない(英語に限らないけれど)とイカンな…と痛感。

ひとつ提案ができるならば…
私はたまたま2台のMacがあるから、一台のMacがトラブルを起こしても、もう一台のMacからGenius Barの予約を入れられますが、1台しかない人はどこから予約を入れるのでしょうね?電話で予約を入れるってことかな?現地でその場で待たされるのもイヤなので、携帯専用の予約画面があって、携帯で順番などを確認できるといいなーと思ったりします。アップルさん?いかがでしょう?

chi-hanko
小技!
バックアップで入れ直したiTunesは
当時のライブラリー状態に戻ってしまうので
アートワークを取得しなおしたり等が結構大変な作業でした。

iTunesにないアートワークが結構あるので、ネットから画像を探して
登録し始めたんですが…

ウゲゲゲ…画像の両端に白い画像が出るんですよ。
Amazonなどから取得する画像はこういう画像が多いです。
なぜこの画像がイヤなのかというと
Cover Flowで表示した時に格好悪いのです。
一応、見栄えも大切にしたいじゃないすか。デザイナーとしても。(笑)
A型そして繊細な私としては、どうもこの枠いっぱいに
おさまらない画像が納得できません。

そんな悩みを解消する小技を紹介しているブログを発見!

iTunesアートワークの登録
ポップアップが表示された際に画像をそのまま保存するのではなく、まず画像のURLをコピーしてください。
木村カエラの例で言えば、画像のURLは「http://ec2.images-amazon.com/images/>41nOdlby6gL._SS500_.jpg」となりますが、このコピーしたURLをブラウザで表示した後に、このURLの最後にある「._SS500_」という部分を削除して再度ブラウザに表示させてみてください。
つまり、「http://ecx.images-amazon.com/images/I/41nOdlby6gL.jpg」を表示させるということです。
すると、以下のように両サイドの不要な空白部分が取り除かれた画像が表示されますね。

このブログを発見して、なるほどなるほどそういうことね〜♪ルン♪♪と
快適に画像を取得していきました。この小技なかなかですよ。
以前からこの両端の白い部分が気になっていたのでスッキリ〜気分です。

…つか、そんなことあまり気にしないっ!って人は
スルーしちゃってください。

chi-hanko
バックアップは必ず!
今年に入ってから、iTunesのライブラリ一覧の左に
「!」が付くようになりました。

iTunes

「曲が見当たらない」という警告が出て曲を探しても
見つかりません。消えてしまっていたのです。
原因もいろいろ調べたのですが、原因がまったくわかりません。
もし復旧できたとしても、作業がなんか難しすぎ…
な感じなので断念。

無いものは無いからあきらめて、2007年2月のバックアップから
今回は100曲近く復帰させることができました。
この時ばかりは、バックアップDVDが神に見えました〜。

でも20曲くらいは、バックアップ後に入れた曲なので、
その中でもお気に入りだけは入れ直しを考えなければなりません。(涙)
レンタルするのも結構な値段だしー。

バックアップは、できるなら半年に一度したほうがいいかもしれません。
iTunesを使用している人は、バックアップは絶対にしてくださいっ!

絶対にです。

chi-hanko
新しいMac購入は、延期!
Apple Special Event

Mac miniを買おうかなーと夏前あたりからずーと考えていて
新しい製品がでるのでは???と一部ニュースも見たりしていたので
購入を控えておりました。

9月9日にアップルがイベントを行うというニュースを聞いてから
新しいMac miniが出るのか、出ないのか、実はソワソワしていました。

が、結局iPod関連の発表ばかりですごくガッカリです。
Mac miniがさらに進化してたら、購入しようと決めていたのですが
購入を考え直すことにしました。

今回の発表に合わせて、iTunes 8も発表されたようです。

いちお、ダウンロードしてみましたが、
「Mac OS X 10.4.9以降をサポート」ですって!
私のMacでは…無理でした。

やっぱ、新しいMac購入しよっかなー。

chi-hanko
WindowsのフォントがMacで使える!!!
Mac OS X: フォントのファイルフォーマット
http://docs.info.apple.com/jarticle.html?artnum=25251

驚き…。Windows用のフォントがMacで使えるなんて。

フォントのことで調べていたら、偶然見つけた情報なのですが
いやはや、これって2005.02.15のニュースじゃないの。
知らなかった。…つか気がつくの遅すぎな気がするけど。

Macを使ってデザインの仕事をしている人にとっては
フォントは非常に大切なファクターではないかと思っているので
この情報は嬉しいというか、なんと言うべきか…(悩)。

世界中にどのくらいのフォントが存在しているのかはわからないけれど
やっぱりWindowsを使用している人が多ければ
それだけ、Windows用のフォントの種類が多いのは否めません。

だからMacで使用できるフォントが増えるということは、
表現の選択肢が増える?ということでもあるのかなと…思ったりする。
まあ、フォントが多すぎても選ぶのに困るのですけどね。

このニュース、意外と知らない人多いんじゃないの?
もしかして、OSX以降は常識だったりする…の???(汗)

chi-hanko